PM2.5から身を守るために (其のⅠ)

  • 投稿日:
  • by

PM2.5は直径2.5μm以下の微粒子の総称で、粒子が小さいために人間の気管支で除去されずに肺胞などに達して炎症を起こし、気管支炎やぜんそくなどの呼吸器疾患への影響が心配されるほか、肺がんリスクの上昇も懸念されています。中国では2013年1月頃より北京市を中心にPM2.5による大規模かつ深刻な大気汚染が断続的に発生するようになりました。その影響はわが国にもあるようで、西日本の広い範囲で環境基準を超える濃度が計測されています。ではPM2.5による健康への影響はどれくらいででるのでしょうか。環境基本法による環境基準値では長期基準で1年に15μg/m3以下かつ一日平均35μg/m3以下であることと示されていますが、健康への影響が出現する可能性が高く迅速に何らかの対応が必要となる基準は一日平均で70μg/m3以上、一時間値が85μg/m3を超える場合と示されています。何らかの対応、すなわちPM2.5から身を守るたまには屋内対策として不要不急の外出を避け、換気や窓の開封を最小限にすること、さらにはこまめに床に掃除機をかけたり、水拭きしたりすることも必要です。PM2.5の濃度が高い日は、洗濯物や布団は部屋干しにしましょう。外出時対策としてはマスクの着用が不可欠ですが、花粉症対策などで通常市販されているマスクではPM2.5の粒子は小さすぎて素通りしてしまいますので、小さな粉塵を捕集するためのDS1(防塵マスクの日本国家検定品)やN95(アメリカでの規格で性能を評価した品)以上の規格のマスクを使用することが必要ですが、マスク装着時は隙間が生じないように口鼻全体を完全に覆うように使用しないと、せっかく高価なものを買っても効果がえられません。また帰宅時は屋外で衣服をはたいて、付着したPM2.5をはらってから屋内に入ることや洗顔やうがいをして顔や喉についたPM2.5を洗い流しましょう。ところで、黄砂にもPM2.5μg/m3以下の粒子が含まれます。黄砂はNOX、SOX、硫酸塩や硝酸塩などの環境大気汚染物質と反応しやすいことから、特に発がん性が高くなる可能性が報告されています。

PM2.5の飛散分布予測についは日本気象協会HP「天気ガイド」が参考になさってください。

参考文献

PM2.5の脅威から身を守る 田中 茂 中央労働災害防止協会発行 

茨城医学会麻酔科分科会立ち上げのご挨拶

  • 投稿日:
  • by

平成25年、茨城県医師会学術部のご理解により茨城医学会麻酔科分科会として私どもの団体である茨城臨床麻酔ネットワークが認可されました.設立の背景には茨城県の困窮する医師不足があり(県内医師数150人/10万人,全国ワースト2位),そのなかでも麻酔科医師の数は僅か3.7人/10万人と極めて深刻な状況にあります.その大きな要因は絶対的な医師不足というよりは都心への麻酔科医師の偏在にあると考えられています.県内でみますと県南地区は都心に比較的近いだけでなく筑波大学病院が所在することから麻酔科医師はなんとか充足していますが,その他の地区に関しては県央・県北地区を筆頭として誠に寂しい状況です.そこで私どもは6年前から「茨城臨床麻酔ネットワーク(ICAN)」という学術団体を設立して定期的な学術集会の開催を主体として活動てきました. この目的は麻酔科医師どうしの情報交換にだけでなく日本麻酔学会の理念とする質の高い麻酔科医師の育成・先端的研究の傾聴・正しい知識の啓発と普及などの達成の寄与にあります.一致団結した学術活動を継続することで県内の麻酔科医師をアピールして新たな麻酔科医師を呼びこむことができる可能性やマンパワー不足から手が回らなかった救急医療や集中医療、疼痛・緩和医療などの領域においても麻酔科医師が大いに活躍し地元の医療に貢献できる日がくると信じています.今後さらに公益性の高い麻酔科の学会を目指して一致団結すべきと考え県医師会のお力をお借りしたわけですが,今後は県内全域に会員を募り医師以外のパラメディックの方々へも活動をアピールし,茨城県全体に会員を拡充していくことを目標にしていきたいと思います.皆様のご理解とご協力を頂きましてこの会が発展しますことを祈念してやみません.

最後に,茨城県医師会学術部のご協力を頂き,めでたく平成25年10月26日、第1回茨城医学会麻酔科分科会が開催できましたことを関係各位の皆様に心から感謝申し上げます.

平成25年吉日